バルトレックスの効果と副作用について解説します

バルトレックスの効果と副作用について

バルトレックスは、ウイルスDNAの複製を阻止して、ウイルスが増えていってしまうことを抑制します。

通常であれば、単純疱疹や帯状疱疹、造血幹細胞移植の際に発症する単純疱疹などに対する治療のほか、水痘治療、性器ヘルペス再発を抑え込むため、用いられることが多いです。

副作用としては「頭痛」、「眠気等意識の低下」、「傾眠」、「吐き気」、「嘔吐」、「下痢」、「便秘」、「腹痛」、「腹部の不快感」、「蕁麻疹」、「発疹」、「痒み」、「光線過敏症」、などが見られるようです。

バルトレックスの効果

・バルトレックスの効果について
細菌と異なる微生物であり、細菌よりも小さく、ほかの生物の細胞のなかで増えていくものがウイルスです。
単純ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスに関しては、皮膚・粘膜などに水膨れができて、痛みが生じたりします。
バルトレックスは、そういったヘルペスウイルスに対する抗ウイルス薬です。主に「単純疱疹」、「帯状疱疹」、「性器ヘルペス」、「水ぼうそう」あたりの治療に使用します。
ヘルペスウイルスが増えないようにしてくれるので、発症し始めあたりに、特に効果的と言えるでしょう。早めに対処することが肝心です。

・バルトレックスの薬理について
ウイルスに感染した細胞のなかで活発にはたらき、ウイルスDNA鎖が伸びていこうとするのを止め、ウイルスDNAが複製されるのを阻止してくれます。

・バルトレックスの特徴について
核酸類似体の、抗ヘルペスウイルス薬となります。
抗ウイルス作用があるアシクロビルのプロドラッグなので、体のなかでアシクロビルに変換されることにより、効果がでてきます。

吸収効率が高いため服用する回数も少なく、次世代の抗ウイルス薬と期待されています。

バラシクロビル塩酸塩について

バルトレックスには、「バラシクロビル塩酸塩」という成分が、含有されています。バラシクロビルは、アシクロビルのプロドラッグになります。

1型や、2型の「単純ヘルペス」、また「水痘」「帯状疱疹ウイルス」に対して有効であり、 「口唇ヘルペス」、「性器ヘルペス」などの単純疱疹、もしくは帯状疱疹、水痘、といったものにも承認がなされています。

バルトレックスの副作用

バルトレックスには、おもに「頭痛」や、「吐き気」などといった副作用がありますが、重い症状が出ることは、ごくまれのようです。

ただ、腎機能が弱まっている患者に関しては、副作用が出やすかったりします。

また、アルコール、もしくは特定の薬とあわせて服用した場合にも、副作用のリスクが高まりますので、注意してください。

主な副作用

バルトレックスのおもな副作用には、「頭痛」や「眠気」といった「意識低下」のほか、「傾眠」、「吐き気」、「嘔吐」、「下痢」、「便秘」、「腹痛」、「腹部の不快感」、「便秘」、「じんましん」、「発疹」、「痒み」、「光線に対する過敏症」、「腎障害」、あたりが、挙げられているようです。(ちなみに、「光線に対する過敏症」というのは、光線を受けることによって、皮膚になんらかの症状があらわれてしまう、といった副作用になります)。

これらの例のなかで、副作用がみられる確率のデータとしては、「頭痛」が9.6%、「吐き気」が、6.4%、「下痢」が3.8%、「腹痛」が2.6%、となっています。

ほかの類似薬よりも飲む回数が少なくて便利なバルトレックスではありますが、やはり上記のような副作用のリスクも無いわけではないので、もしこういった症状が出た場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

重い副作用

バルトレックスの重い副作用に関しては、次のようなものがあります。

「汎血球の減少」、「精神神経症状」、「意識障害」、「昏睡」、「譫妄」、「妄想」、「幻覚」、「錯乱」、「けいれん」、「てんかんの発作」、「麻痺」、「脳症」、「アナフィラキシー」、「アナフィラキシーショック」、「呼吸困難」、「血管浮腫」、「播種性血管内凝固症候群」、「DIC」、「血小板減少性紫斑病」、「中毒性表皮壊死融解症」、「Toxic Epidermal Necrolysis」、「TEN」、「皮膚粘膜眼症候群」、「Stevens-Johnson症候群」、「呼吸抑制」、「無呼吸」、「間質性肺炎」、「肝炎」、「黄疸」、「急性膵炎」、「無顆粒球症」、「血小板の減少」、「急性腎不全」、「肝機能障害」などです。

バルトレックスで重篤な副作用が発症するリスクは低めとは言われているものの、異変を感じたらすぐに服用をやめ、医師に相談したほうが良いでしょう。

バルトレックスの発売メーカー

バルトレックスの発売メーカーは、「グラクソ・スミスクライン株式会社」です(英語表記だと、GlaxoSmithKline plcで、略称はGSKとなっています)。イギリスのロンドンに本社があり、世界的にも大規模な製薬メーカーとして有名なばかりか、ロンドン証券取引所やニューヨーク証券取引所にも上場している企業です。ちなみに日本においては、現地法人として「グラクソ・スミスクライン株式会社」(英語表記だと、GlaxoSmithKline K.K.)があります。

もともとは、ステロイド吸入剤やザンタックなどを開発した「グラクソ」という会社と、世界初となる抗ウイルス薬の開発を成功させた「バローズ・ウェルカム」という会社が合併した、「グラクソ・ウエルカム」という歴史を経て、最終的には、パキシルなどを開発した「スミスクライン・ビーチャム」との合併により、誕生した会社となります。

主な商品としては、「アドエア」、「サルタノールインヘラー」、「アボルブ」などが有名でしょう。

まとめ

バルトレックスの効果や副作用についてまとめると、以外のようになります。

・バルトレックスは、「単純疱疹」であっても、「帯状疱疹」であっても、治療に使用することが可能です。

・早期の治療が好ましいので、病状に気付いたら、少しでも早めにバルトレックスを飲むようにしたほうが良いでしょう。

・バルトレックスの副作用としては、「めまい」、「ふらつき」、「頭痛」、「倦怠感」、「むくみ」といった軽いものもあれば、まれに、「意識障害」、「アナフィラキシーショック」、「無呼吸」、「肝機能障害」、などの、重い副作用も発症する可能性があります。